オールドレンズ 超望遠 が格安で! New MD300mm F4.5

rokkor lens series 5

お財布にも優しく軽量な、お手軽なズームレンズが増えました。ただ、単焦点300mmとなると選択肢はそんなにありません。あっても非常に高価です。オールドレンズなら気軽に試せます。

望遠レンズの区分け

フィルム時代の最初の一本は、以前にも書きましたが50mmが長い間君臨してきました。この50mmは使えば使うほど面白いのですが、やっぱり次の一本が欲しくなります。ここで広角レンズに行くのは、なかなかマニアックな方でした。多くの人は望遠レンズを物色します。

望遠レンズと呼ばれる中で、100mmくらいまでの85mmや100mmを中望遠、300mmくらいまでの135mmや200mmを望遠、それ以上を超望遠と区分けしています。この中で一番人気はダントツで望遠区分です。特に135mmは次の一本のニーズを汲み上げるべく、メーカーも力が入っていまして、F値を価格別に2通り用意している会社が多かったです。当時のミノルタ・ロッコールレンズでは、F3.5で定価が23,000円でF2.8で定価が35,000円でした。交換レンズとしては、非常に買いやすい価格を設定していたわけです。

中望遠は、そこそこの明るさで価格も3万円~4万円くらいでした。85mmF1.7なんてポートレートレンズって呼ばれてまして、今ならその良さは物凄く解ります。100mmも割と近い良さがありますが、標準レンズの50mmとの差がもっと欲しいのと、価格が魅力的というので135mmに軍配が上がります。

200mmもF値を2タイプ用意してました。F4は普及タイプで定価38,000円。F2.8だと9万円弱という価格でした。300mmになるとF4.5で62,500円。価格的に最初の一本にはやっぱりなりません。

テレプラスという飛び道具

お手軽に焦点距離を伸ばす選択肢として、「テレプラス」というボディーとレンズの間に挟む安価なお気軽レンズを売ってまして、コレを使えば焦点距離が倍になりますから、135mmでいいじゃん!という後押しになるわけです。当時の一番人気はケンコー社でした。今もレンズメーカーのトキナーと合併して存在しています。

ただ、そんなに上手い話は無いです。「テレプラス」は焦点距離が倍になるのと引き換えに、F値も倍になります。135mmF3.5に装着すると、焦点距離は確かに270mmと非日常の世界になるのですが、F7という開放値になります。暗いファインダーだと環境によっては撮影になりません・・・。画質もウンザリする様なものでした。

最初の一本

ちなみに筆者の最初の一本は、望遠ズームでした。本当に欲しかったのはロッコールの75-200mmf4.5だったんですが、お値段は10万円弱・・・当時の筆者には、とても手の届かないので、ふと横を見ると100mm-200mmF5.6がオイデ・オイデしてます。価格も43,000円と現実的です。ただ、格好がよろしくない。比較すると口径が小さく、望遠側にすると外観がニョッキり伸びる上に、押し出すと望遠というのが生理的に違う!

タムロン

ここに救世主が現れます。レンズ専業メーカーです。当時の双璧は、タムロンとシグマでした。タムロンは同タイプの望遠ズームを長さが変わらない、焦点距離はリングで回す、ピントリングは別という二重に別操作するタイプをリリースしていました。口径もそこそこ大きく、価格的にはロッコールの半額以下で魅力的です。ただ、当時のタムロンはカメラメーカー各種のマウントを別売して取り付けて使うシステムでした。ここに不安があったのと、ピントとズームが一体型で手前にぐっと引くと望遠になる事が諦めきれません・・・。

シグマ

シグマがやってくれました!憧れのピントとズームが同一で、ロッコールの75-200mmとほぼ同じデザインの80-200mmF4.5をやはり半額以下でリリースしてきたのです。外見も立派だし、ニーズにピッタリで飛びつきました。

最初はウキウキして使っていましたが・・・、使えば使うほど何か違う。立派なのは見かけだけで、どうにもこうにも満足いく画が得ることは出来ませんでした。一度手に入れたレンズを売り飛ばしたのは、後にも先にもこの一本だけです。

呪縛からの解放

随分と脱線しましたが、これが切っ掛けで望遠がトラウマになってしまいました。長いこと広角レンズ偏重の時間が続いてしまった訳です。この呪縛が解けたのはデジタルになってからです。望遠ズームの性能が飛躍的に良くなって、コンパクトになりました。さらに拍車をかけたのは、マイクロフォーサーズを使い始めたことです。当時は毛嫌いしていた望遠が、純正ロッコールの描写を知らなかったことと、明るさが変わらず焦点距離が倍になる!ことで楽しみが増えました。それで調子に乗って300mmを探して入手したわけです。

超望遠スナップ

300mmをマイクロフォーサーズで使用すると600mm換算になります。本来なら三脚を使ってじっくりと狙うのが正しい使い方だとおもいますが、ボディーの手ぶれ補正が効く機種なら手持ちでガンガン持ち出すのが楽しいと思います。ボディーも小さいので可能なんです。言うなら「超望遠スナップ」非日常の視点で思うがままに切り取る楽しさは邪道なんでしょうけど・・・面白いです。超望遠スナップの撮影例を見てみましょう。

撮影例 New MD 300mm F4.5

モデル

散歩してたら出会いました。初めてなので警戒されがちですが、距離をとれるので、こんな顔が撮れます。

おかあさん

子供達が夢中で遊ぶ姿を、距離をとって見守るお母さん。

夏の陽射し

散歩の途中に前を行くご婦人が、夏の日差しに包まれて。

やさしい目

優しく見守るお母さんの目は、人間を含めて生き物共通ですね

誰にも止められない 誰にも止められない

子供のエネルギーは、時折無尽蔵じゃないかと思います。

入り口はココかな

蓮の美しさの周りにもドラマがあります。

変わらない

もちろん、こんなのも。これは三脚使っています。

使い道はイロイロ

元々の販売本数が少ないからでしょうか、最近はあまり見かけなくなってきました。高価な超望遠単焦点レンズなら、雑に使うことは躊躇いますし、スナップに使うことなど考えてもみないでしょう。オールドレンズには、こんな楽しみ方もアリだと思います。

イベルメクチン は日の目を見るのか

北里大学の大村教授が40年前に開発したイベルメクチンが注目を集めています。大村教授は2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。ゴールデンウィークの最中に安倍首相は非常に高い期待感を示し、間髪入れずに西村新型コロナ担当大臣が北里研究所を視察しました。

イベルメクチンとは

それほど古い薬が何故、注目を集めているかというと、新型コロナウイルスに有効である症例報告が出てきているからです。

アメリカからの報告

アメリカのユタ大学を中心とした研究チームがまとめたところによると、アメリカ・ヨーロッパ・アジアの169の医療機関で新型コロナウイルス患者1400人を調査し死亡率を比較。イベルメクチンを投与していない患者の死亡率は8%だったのに対し、投与した患者の死亡率はおよそ1%だった。人工呼吸器が必要な重症患者に限ると、前者は21%だったのに対し、後者は7%だった。

オーストラリアからの報告

オーストラリアのビクトリア感染研究所の研究グループが培養研究の中で、数々の医薬品を試す中で、イベルメクチンが新型コロナウイルスの増殖を抑え、ウイルス数を大幅に減少させる可能性を発表しました。それは、24時間後には93%の減少・48時間後には99.98%減少という、驚くべき効果でした。

アビガンとレムデシビル

新型コロナウイルスの特効薬は現状ありません。現状はアビガンとレムデシビルが有効とされています。アビガンもレムデシビルも新型コロナウイルスの特効薬として開発された薬ではなく、SARSやエボラ熱に開発されたものです。一概に単純比較は出来ませんが、レムデシビルで出ているデータを見ると、標準治療の死亡率が11.6%の時に投与した患者の死亡率は8%に減っています。腎障害や肝機能障害という副作用の懸念もあります。

イベルメクチンの過去と今

イベルメクチンは前述の様に目新しい薬ではありません。元々家畜の寄生虫感染症対策の薬として開発されました。その後に発展途上国の寄生虫感染症にも効果があることがわかり、ヒト用のイベルメクチンが開発されました。熱帯亜熱帯エリア途上国の人を多数救ってきた実績があります。アメリカFDAにも認証されていて、特に副作用も認められず、特許も切れて(大村教授は特許を放棄しています)います。日本で虫下しのニーズは動物が主で、獣医さんの手元には多数在庫が有る、ありきたりの薬で単価は100円ほど。つまり、安全性が担保されていて在庫も大量にあり、生産手段もすでに確保されていると言うことです。

フランスからの感謝状

日本ではPCR検査数が少ないことが、内外から指摘されています。医療崩壊を防ぐために、むやみに検査数を増やさない事を国が大事にする方針だった事もあるでしょう。厚生労働大臣の、国民の勘違い発言が問題になっています。基準が変わったことで、PCR検査希望者の保健所への電話が鳴り止まないそうです。

個人的には、検査すればいい!という考え方には反対です。しかし、絶対数があまりに少ないと、日常に戻るための数値指針も意味があるとは思えません。検査数を増やすために、大学の活用や唾液検査の確立など意見は多様にありますが、今は検査を増やすフューズに入っています。

千葉県松戸市にあるプレシジョン・システム・サイエンスと言う会社がフランスから感謝状を贈られました。全自動PCR検査システムと試薬キットが新型コロナウイルスの検出に大きな役割を果たしているということです。

同社と東京農工大学は「ウイルス拡散を防ぐにはPCR検査診断と接触の最小限化が不可欠」として3月10日に核酸抽出からリアルタイムPCRまでを全自動化したgeneLEADシステムを活用し、新型コロナウイルスの迅速診断技術を発表しました。

沢山の感染者を出したイタリアで検査に活躍するエリテック社の全自動検査機は、この会社のOEMです。人手を介せず全自動で検査できるノウハウは日本にあったのです。検査技師の手作業によるPCR検査は12時間掛かるのに対して、2時間で機械が終わらせるそうです。厚生労働省はPCR検査が進まな理由として、専門の人手が無いことを繰り返し述べています。東京農工大学が絡んでいるから、文部省の管轄でしょうか?技術を輸出しているから経産省の管轄でしょうか?

イベルメクチンを認めたくない勢力

世界で立ち向かうという言葉を鵜呑みにしてはイケないのでしょうか?まず出来る事を迅速にやってみることは駄目なんでしょうか?

アメリカFDA

アメリカFDA獣医学センター所長のDr. Steven Solomonは4月10日に発表した声明で、イベルメクチンを新型コロナウイルスに投与することを、やんわりと否定しています。

April 10, 2020

Dear Stakeholder,

The FDA’s Center for Veterinary Medicine has recently become aware of increased public visibility of the antiparasitic drug ivermectin after the announcement of a research article that described the effect of ivermectin on SARS-CoV-2 in a laboratory setting. The Antiviral Research pre-publication paper, “The FDA-approved drug ivermectin inhibits the replication of SARS-CoV-2 in vitroExternal Link Disclaimer,”  documents how SARS-CoV-2 (the virus that causes COVID-19) responded to ivermectin when exposed in a petri dish. This type of study is commonly used in the early stages of drug development. Ivermectin was not given to people or animals in this study. Additional testing is needed to determine whether ivermectin might be safe or effective to prevent or treat coronavirus or COVID-19.

Ivermectin tablets are approved for use in people for the treatment of some parasitic worms (intestinal strongyloidiasis and onchocerciasis) and ivermectin topical formulations are approved for human use by prescription-only for the treatment of external parasites such as headlice and skin conditions such as rosacea.  Ivermectin is FDA-approved for use in animals for prevention of heartworm disease in some small animal species, and for treatment of certain internal and external parasites in various animal species. 

FDA is concerned about the health of consumers who may self-medicate by taking ivermectin products intended for animals, thinking they can be a substitute for ivermectin intended for humans. People should never take animal drugs, as the FDA has only evaluated their safety and effectiveness in the particular animal species for which they are labeled. These animal drugs can cause serious harm in people. People should not take any form of ivermectin unless it has been prescribed to them by a licensed health care provider and is obtained through a legitimate source.

Ivermectin is an important part of a parasite control program for certain species and should only be given to animals for approved uses or as prescribed by a veterinarian in compliance with the requirements for extra-label drug use. Due to potentially elevated interest in ivermectin following the new research, some products may not be available. If you are having difficulty locating a particular ivermectin product for your animal(s), the FDA recommends that you consult with your veterinarian. 

The FDA has established a cross-agency task force dedicated to closely monitoring for fraudulent COVID-19 products that reaches out to major retailers to ask for their help in monitoring online marketplaces. Products that claim to prevent, diagnose, treat, or cure COVID-19 are subject to FDA investigation and potential enforcement action if they have not demonstrated safety and effectiveness for that intended use. The task force has already worked with retailers to remove dozens of these types of product listings online. 

Please help us protect public health by alerting FDA of anyone claiming to have a product to prevent or cure COVID-19 and to help safeguard human and animal health by reporting any of these products to FDA-COVID-19-Fraudulent-Products@fda.hhs.gov or 1-888-InfoFDA (1-888-463-6332).

We recognize this is a challenging time and urge you to continue practicing social distancing by sharing this information electronically.

Thank you for your support. Please stay safe and healthy.

Dr. Steven Solomon
Director of FDA’s Center for Veterinary Medicine

韓国 中央防疫対策本部長

やり手と評判の韓国のチョン・ウンギョン疾病管理本部中央防疫対策本部長は定例会見で、イベルメクチンは臨床適用には非常に無理があり、限界があると述べています。

日本 厚生労働省

安倍首相の意思を受けてノーベル賞受賞者の大村先生を訪ねたのは、厚生労働大臣ではなく、西村コロナ担当大臣でした。

平時には解らないことが、色々解りました

今回、国の対応力で差が出たのはITへの対応力が大きかったと思います。日本のIT担当大臣を見ていると悲しくなります。

日本だけで見ても、オールジャパンで立ち向かうというのは号令だけです。相変わらずの縦割り行政による弊害が顕著に出てきています。

知事の能力も、あぶり出されました。平時には目立つことが無かった知事の、誰が本当に仕事が出来て、誰がポンコツなのかがよく見えてきました。

既得権益・利権の思惑があるのは、日本だけではないです。1錠100円で解決してしまったら、困る人が確実にいます。しかし、感謝する人の方が天文学的に多い事は間違いありません。新型コロナウイルスと直接関係はありませんが、検察庁の定年延長法改正にTwitterで470万人以上が抗議の署名をしています。これを機会に立ち止まって考えることで、未来はきっと変わります。

次の選挙が楽しみです

安いiphone どうしてもiphone どこが安い!?通信料端末代込で2,230円/月から

スマホはiphoneがいい!と、思っても未成年や学生さんの場合は親御さんを納得させる必要があります。iphone含めスマートフォンは機種単体で購入しても、通信会社と契約しないと外に持ち出すことは出来ません。端末代込で安い所をまとめてみます。

未成年のスマホ契約

両親含めて家族がiphone使っているなら、自分が持ちたい!ってなった時に比較的簡単にファミリープランなどで追加してもらうことはあるでしょう。それなら何の苦労もありません。親御さんが許可してくれない場合、「じゃぁ、バイトして自分で買うからいい!」という事が出来ないのが辛いところです。

未成年者がスマホを契約する場合は、親の同意が必須です。同意書をダウンロードして、友人に筆跡を変えてもらっても確認が必ず入ります。仮にそこに友人をたてても、店頭への同意を促されます。色々な条件が奇跡的に重なって契約に、こぎ着けても親が気がついて契約会社に一報いれたら即解除です。事実上無理なのです。おとなしく親御さんに契約してもらう事を考えましょう。

iphoneの理由

スマートフォンの世界は、事実上iphoneかAndroidの二択になっています。Androidは星の数ほど製造している会社がありますが、iphoneを製造しているのはappleのみです。iphoneを動かしている基本ソフト(オペレーションシステム・OS)はiosで、appleが開発しています。Androidは基本ソフトの名称でgoogleが開発しています。

ハードを全てOS開発側が把握している事で、大がかりなアップデートも対応することが出来ますgoogleも機種を開発発売していますが、大半はライセンス契約して多様なメーカーが独自に開発製造販売しています。

世界でのシェア

基本ソフトから機種製造まで全てに関わると、制御に無駄が無く機械のスペックを効率よく引き出せる良さがあります。iphoneの強さの源です。しかし、世界的なシェアを見てみると日本とは随分違います。iphoneは新機種発売時に一気に売る傾向があるから一概に言えませんが3割弱しかありません。

日本ではiphone率が高いです。世界的に見ると異様な高さです。それでも一時の様な圧倒的な強さは影を潜め、現在メインで使われているiphone率は半分弱です。法律が変わって、日本特有の契約縛りで本体0円などの歪な政策を、売り手側が出来なくなった事も大きいです。よほどイノベーションが無い限り、世界のシェアに今後も近づいていくでしょう。

ブランドとして

逆に言うと、素晴らしく高性能なiphoneが世界中を席巻出来ないのは、ズバリ高価なブランドだからです。諸外国では未成年や学生に、高価なブランドは必要ない!という考え方が主流です。

女子に大人気

海外から見ると、さらに不可解な状態に日本がなっている様に見えます。iphone率が一番高いのは、10代の女性だということです。他の年齢性別に比較して著しく高い。62%近くに達します。

今、一番使用されているiphone

iphoneは先に述べた様に、機種の世代が変わっても、OS側がハードを完全に把握していることで、アップデートがある程度の時期の機種まで望めます。そのため、長期に渡って最新のOSが使用できるのは大きなメリットです。実際に2020年のiosの機種別シェアを見てみると、一番多いのは二世代以上前のiphone7です。今使われている12%近くのphoneがiphone7なんです。このあたりのデータを見ても、最新の機種は大きなイノベーションが無く価格が上がっている事が反映されていると言えるでしょう。

実用的でオイシイiphone

裏を返すと、このiphone7が今入手するのに一番美味しいと考えられます。最新の基本システムが使える現役です。appleの公式ショップや、docomo・au・SoftBankなどのキャリアでは既に販売していません。中古機種を単独で手に入れて、通信会社でSIMを手配するのも一つの手段です。しかし、手間がかかる上に分割払という手段が使えません。通信会社に機種代込で毎月の支払いが一番安いのはどこか?調べてみました。手に入れた後で、どんな風に使うか(データプランを選ぶ)で変わってきます。

iphone7を最安値で

具体的に売っているところ、価格を見ていきましょう。表示価格は基本的に税別です。

J:COM

実質0円からの表記がありますが、10GBのプランを長期で契約する必要があります。また、8ヶ月目までは安く9ヶ月目から価格が一気に上がる・ケーブルTVやケーブルネットの契約が別途必要だったりでオススメしません。

月々の価格を下げることを前提に考えれば、通信データの容量は0.5GBに抑えて契約することです。容量を超えたら通信速度が200kbpsに制限されますが、Wi-Fiをメインで使うことでデータを外で消費しないなら、月々の支払いが端末代込で2,230円に収まります。

通信データの容量 端末代込
月々の支払い合計
支払い回数
0.5GB 2,230円 48回

OCNモバイル

データ使用量が1GBの契約で月々2,463円・3GBで月々2,763円で収まります。3GBあれば、外で動画を見るなどしなければ普通は充分足りるでしょう。5月15日11時までiphoneセールをやってます!詳細はスマホセットの申し込み(iphone)から

通信データの容量 端末代込
月々の支払い合計
支払い回数
1GB 2,463円 24回
3GB 2,763円 24回

IIJmio

程度の良い中古になります。

通信データの容量 端末代込
月々の支払い合計
支払い回数
3GB 3,080円 24回

iphone に拘らなければ、最新新品の機種買い取りで100円からあったり、初期費用3,000円もキャンペーンで1円になってます。

LIBMO

端末は程度の良い中古です。学生応援プログラムがあり、6GBの大きな容量での契約が割安になっています。

通信データの容量 端末代込
月々の支払い合計
支払い回数
6GB 3,380円 24回
学生応援プログラム提要価格

まとめ

探せば通信料込みで月々の支払いは2,230円からiphoneが持てます。
ただ、0.5GBで心許ない場合は6GBの学生応援プログラムのあるLIBMOの3,380円もオススメです。
楽しいiphoneライフが送れますように願っています。