格安SIMでお昼休みに爆速が欲しい!実現する手段と方法を具体的に解説

格安SIMを使っている方の月額料金は、確かに安いです。3大キャリアと比較すれば、価格が安い事と引き換えにするデメリットの1番は何か?限られた回線を、多くの人が同時に使うお昼の時間帯の速度低下です。

ある意味、MVNOの宿命といえる問題です。価格は格安SIMに近いままで、3大キャリアに遜色の無い回線速度を確保できないか?というのが今回のテーマです。

毎月どれくらい使っていますか?

実際に使っているデータ量の把握

データの使い方は人によって、2極化しています。物凄く大容量をコンスタントに毎月使う方と、それほど使わない方です。大容量を使う方には、それなりに大キャリアのメリットはあります。格安SIMの多くは、大容量になれば割高になるところが多いからです。もっとも大容量を得意にしている会社もありますが、それはまた別の機会に・・・。

多くのユーザーは3GB以下

MM総研によれば、3GB以下の月間使用量ユーザーは57.8%で1GB以下が23.8%になるそうです。

OCNモバイルによれば、1GB未満の人は70.4%に上ります。3GB未満の人は90.6%になります。

統計を取る時期や、MNOに契約している人なのか?MVNO(格安SIM)と契約している人なのか?ということでも代わってくるとは思いますが、実際に使っているデータ通信量は、多くの人が3GBまでで収まるということです。

新型コロナウイルスの影響で、巣ごもり需要が増えています。スマホのデータ使用量もうなぎ登りになる・・・と言うほどはなっていません。光回線を自宅に引くニーズは爆発的に増えていて、頼んでから半年待ちの事例など出てきているようです。自宅にいる時間が長くなれば、安定して無制限に使える固定回線のニーズが増えるのは当然です。

月額3GB未満の使用量で、通話出来る電話番号を持つ具体的な手段を考えてみます。

なるべく安く、お昼に速度が落ちない格安SIM

快適に使える回線速度

スマートフォンを快適に使える形容詞として、サクサク動くという言われ方をしますが、そうなるために必要なスピードは5Mbpsから30Mpbsと一般的に言われています。随分と幅があるなぁ~・・・というのは、何をするかで差があるからです。

  • メール・LINE 快適な速度は128kbps~1Mbps
  • ウェブ閲覧   快適な速度は1Mbps~10Mbps(テキスト中心のページなのか?写真中心のページなのか?によって異なります)
  • 動画閲覧    快適な速度は5Mbps~20Mbps(解像度によって必要な速度が異なります)

このスピードが無いと、使い物にならない!というワケではありません。あくまでサクサク快適に動くスピードであるということです。スピードが出ているのに、サクサク動かない場合は・・・端末がもう付いてこられない状態かもしれません。

プラン1 OCN モバイル ONEに乗り換える

一番簡単に実現出来る単純にSIMを変更するプランです。3GBの音声通話プランの相場は1,600円あたり。そこから安いトコロなら何処でもOKか?となると、お昼の速度が落ちないという部分が達成出来ません。

はじめに筆者がオススメするのは、OCN モバイル ONEです。特にスマホを新しいモノに変えようか考えていた方には、渡りに船だともいます。3GBの音声プランで1,480円です。
2021年4月1日よりOCNモバイルONEでは、キャリアから出てきた新プランに対抗する新プランを発表しています。

通信容量・コース名 音声対応SIMカード
(インターネット・SMS・通話)
OCN光モバイル割適用
OCNの光サービスをご利用なら
毎月200円割引
1GB/月コース 700円(税込770円) 500円(税込550円)
3GB/月コース 900円 (税込990円) 700円 (税込770円)
6GB/月コース 1,200円 (税込1,320円) 1,000円 (税込1,100円)
10GB/月コース 1,600円 (税込1,760円) 1,400円 (税込1,540円)

OCNのセールと月額料金については、こちらもご覧ください。

OCNは高い技術力を持っています。MVNOの中でもトップクラスの回線品質を誇ります。

出典:格安SIMの速度計測2020/08/05

凹凸はありますが、他の格安SIMでは大きく落ち込むお昼の時間帯も5Mbps近い数字が出ているのは優秀です。これくらいの数字が出ていれば、お昼休みに使うのにも充分です。

多くの格安SIMは、お昼休みの時間帯に1Mbpsを切る会社の方が多いです。0.5M以下になることも度々あります・・・・・。

キャリアと同じクオリティを求めなければ、MVNOの中でベストチョイスと言えます。

OCNがオイシイのは、回線品質だけではなく、売れ筋のスマホが安く購入出来る事です。

プラン2 UQモバイルに乗り換える

3GBの音声通話が出来るプランで月額1,980円と、500円くらい高くなりますが・・・個人的にはおつりが来るくらいだと思っている通信回線品質です。

これは格安SIMの範疇にあるデータとは思えないくらい、一日中実用的なスピード以上が出ています。MVNO(格安SIM)では大きく落ち込むことが多い昼休みの時間帯も、10Mbps以上の安定したスピードが出ています。

ここまで行くと3大キャリアも真っ青です。何のストレスも無く時間を問わず快適に使う事が出来ます。

格安SIMの中では高額な部類ですが、3大キャリアと比較すれば安いです。

速度を考えれば、大いに納得がいきます。

UQモバイルの月額料金を3大キャリアと比較

データ容量UQモバイルdocomoauSoftBank
3GB1,980円4,150円5,980円
5GB5,150円4,650円
6GB
7GB6,150円5,650円
10GB2,980円
20GB6,170円
30GB7,150円
50GB7,480円
価格は2020年8月のものです

プラン3 楽天モバイルUN-LIMITに乗り換える

3GBまでの音声プランに絞って話を進めてきましたが、もっと大きなデータが扱えて通信速度が落ちないのが、楽天モバイルUN-LIMITです。月額2,980円とUQモバイルよりも更に1,000円ほど高くなりますが、メリットは大きいです。日本で4番目のMNOキャリアですから。お昼休みの時間帯も快適に繋がって使えます。

自社回線エリアでは、高速データが使いたい放題!でパートナー回線エリアでは5GBまでという制約がありますが、それを超えても1Mbpsの速度が出ます。月額料金の中には電話かけ放題も含まれています。(Rakuten Linkアプリを使うことが必要です)

さらに・・・先着300万人まで1年間の月額料金無料!(2,980円×12ヶ月)初期費用の3,000円もポイント還元されるキャンペーンを展開中です。

楽天モバイルは回線が特殊なので、端末も新しく購入する方がオススメです。キャンペーンでお安くなってます。たとえば、売れ筋のOPPO A5 2020は20,019円で販売していますが、20,000円分のポイント還元がありますから、実質19円になります。

上記のポイントに加えて、以下の紹介コードを入力すると2,000ポイントをゲットできます。

紹介コード zAm5hK5TpuA9

プラン4 イオンモバイルを追加して使う

イオンモバイルは大穴です!全国のイオンモールで展開している格安SIMで、マニアックな匂いは薄いですが、個人的にはかなりオススメです!まずイオンモバイルの通信速度を見てみましょう。

ありゃ・・・!っていうくらい、お昼の速度が落ち込んでいます。0.3Mbpsしかでていません。残念ですが、格安SIMの現実はこれくらいが多いんです。ただ、このお昼の混み合う時間帯に格安で何とかしよう!というのがテーマですから、当然これはオススメしません。

筆者がオススメするのは、イオンモバイルが扱っているタイプ2です。このタイプ2はdocomo回線(データ専用)ですが、上記の音声通話とはアクセスポイントも異なる別物です。同日のタイプ2の速度を見てみましょう。

なんじゃこりゃ!っていうくらい、速度が出ています。お昼休みの時間帯にも20Mbpsくらいが鼻歌交じりに出てます。

データ専用のSIMなら、関係ないわ!音声通話は絶対に必要だから!と早合点しないでください。DSDS・DSDVのSIMが2枚入るタイプのスマートフォンが増えてきていますが、有効利用している方はそれほど多くありません。そういう方にこそ、提案したいのがこのプラン4です。

今使っている電話番号のSIMはそのままで、もう一枚SIMを増やすということです。データ1GBプランは480円/月です。

イオンモバイル

普段の通信手段は、以前から使っているSIMを使用して、使いたいお昼時だけ快適な通信環境を得るコストとして月額480円なら、平日の昼間に20日使うとして1日あたり24円です。イオンモバイルは、余ったデータを翌月に繰り越すことが出来て無駄がありません。

使う量にもよりますが、以前から使っているSIMのデータ契約を見直しても良いカモしれません。今使っているSIMの契約を最低量の音声プランにして、イオンモバイルでデータ通信をするのも、切替の手間が無くてイイですね。イオンモバイルのデータ通信2GBで780円・4GBで980円です。

いっそのこと、メインの通話SIMの変更もアリです。今ご契約のSIMの会社のプランに、音声だけのものがあれば価格を検討してみてください。たとえば、docomoとか、IIJmioには音声だけの契約がありますが・・・価格的にメリットが薄い割に制約が多く、データも全く使えないパターンが多いです。筆者がオススメするb-mobileなら、音声通話SIMで月額990円です。この990円には、音声通話が出来るだけで無く、1GBのデータ通信容量が付いています。普段データ通信にイオンモバイルを使っていて、容量がピンチの時には1GBの保険が掛けてあると考えれば安泰です。

また、b-mobile990ジャストフィットSIMは、特別に契約する事無く、1GBあたり200円で使う事が出来、いざと言う時にも安心です。たとえば、2GB使った月には990円に200円を加えた1,190円の請求がきます。

当初のテーマ3GBでお昼休みに格安SIMで快適な速度を考えると、イオンモバイルのデータ通信タイプ2の2GB契約で780円+b-mobileの音声プラン1GBで990円の合計すると1,770円になります。

それほどのデータ量は必要無い方なら、イオンモバイルのデータ通信タイプ2の1GB契約で480円+b-mobileの音声プラン1GBで990円の合計すると1,470円になります。

格安でもお昼休みの快適な通信環境は構築できます

自宅に帰ればWi-Fiがあることが多いから、外でデータ通信を一番使いたい時間帯は平日のお昼休みかもしれません。そんな人が多いからこそ、帯域(格安SIMが借り受けている回線の太さ)に対して使う人のバランスが悪く、速度低下を起こすのは格安SIMの宿命とも言えます。

3大キャリアにコストを支払わなくても、一手間かける事で格安に快適なお昼休みを過ごすことが出来ます。是非、ご検討くださいませ。

格安SIM お昼休み 使える会社は? UQモバイル なら使えます

3大キャリアと格安SIMでは、毎月の通信料が大きく変わることが珍しくありません。安くなるのは嬉しいけれど、安いモノにはワケがある!っていうこと無いの?

その疑問、ごもっともです。人生経験がある方なら、上手い話には注意する事は当たり前です。今までと全く同じ使い勝手で、料金だけ安くなるというのなら、大手はみんな潰れちゃうだろ!何か料金が安くなるメリットと同じように、デメリットも有るに違いない!

結論から言うと、格安SIMのデメリットとして一番大きいのは、お昼休みの時間帯に、通信速度が遅くなることです。ただ、そのデメリットさえ無い格安SIMがあるとしたらどうですか?UQモバイルならお昼休みの時間帯も、大手キャリアプラン度に負けないくらい快適に使うことが出来ます。

格安SIMに向いている人は?

データの使い方は人によって、2極化しています。物凄く大容量をコンスタントに毎月使う方と、それほど使わない方です。大容量を使う方には、それなりに大キャリアのメリットはあります。格安SIMの多くは、大容量になれば割高になるところが多いからです。もっとも大容量を得意にしている会社もありますが、それはまた別の機会に・・・。

実際に使っているデータ容量は、1GB位の方がかなりの割合を占めていて、3GB位までだと8割以上の方が収まっています。格安SIMを代表する1社であるIIJと大手キャリアを比較してみます。

具体的な大手3社との金額比較

データ容量IIJmiodocomoauSoftBank
3GB1,600円4,150円5,980円
5GB5,150円4,650円
6GB2,220円
7GB6,150円5,650円
12GB3,260円
20GB4,700円6,170円
30GB6,600円7,150円
50GB7,480円
価格は2020年8月のものです

2021年春から新プランになっています。

新しいIIJmioの料金についてはこちらからどうぞ

3GB程度で収まっているのに関わらず、もっと大きなデータ容量の契約をしているキャリア契約の方は、その分キャリアの利益に貢献していることになります。

初めての格安SIMという方なら、IIJmioはオススメです。MVNOとして歴史と技術があり、トップクラスのシェアがあるということは、沢山の方の支持があるということです。

IIJmioでは、余ったデータを翌月に繰り越すことも出来ます。3GBの契約をしても1GBしか消費しなかった場合は、翌月のスタートが5GBになります。その翌月にやっぱり1GBしか使用しなかった場合は4GB余りますが、契約量が上限なので繰り越しは3GBになり、翌月は6GBからのスタートになります。同じペースならずっと6GBスタートになります。普段はそれほど使用しなくても、いざという時に使える余力があるのは保険として安心です。それでいて、支払いは料金は3GBプランの分だけで済みます。

格安SIMのデメリット

昼休みの時間帯が鬼門

格安SIM(MVNO)は、大手キャリアが持つ回線の一部を借りるカタチで、運営されています。そのため、沢山のユーザーが一斉に使い出すお昼休みの時間帯は、通信速度が落ちます。

大手キャリアでも、同じ時間帯は落ちる事がありますが、格安SIMほど顕著には出ません。

快適に使える回線速度

スマートフォンを快適に使える形容詞として、サクサク動くという言われ方をしますが、そうなるために必要なスピードは5Mbpsから30Mpbsと一般的に言われています。随分と幅があるなぁ~・・・というのは、何をするかで差があるからです。

  • メール・LINE 快適な速度は128kbps~1Mbps
  • ウェブ閲覧   快適な速度は1Mbps~10Mbps(テキスト中心のページなのか?写真中心のページなのか?によって異なります)
  • 動画閲覧    快適な速度は5Mbps~20Mbps(解像度によって必要な速度が異なります)

このスピードが無いと、使い物にならない!というワケではありません。あくまでサクサク快適に動くスピードであるということです。スピードが出ているのに、サクサク動かない場合は・・・端末がもう付いてこられない状態かもしれません。

格安SIMの通信速度

具体的に前述のIIJmioでの速度を見てみると

出典:格安SIMの速度計測

一日を通して、それなりに実用的なスピードをキープしていますが、お昼休みの時間帯は激落ちしています。これはIIJに限らず、MVNOに共通する特徴です。

出典:格安SIMの速度計測
出典:格安SIMの速度計測

日時や場所によって回線スピードは変わりますが、格安SIM各社のどの回線も、お昼休みの時間帯速度は、落ちる傾向を避けることは出来ません。

格安SIMに乗り換える事が出来ない理由の一つとして、使いたいお昼休みの時間帯の速度があります。お昼の時間帯を除けば、各社とも実用的な速度が出ています。

格安SIMの例外

格安SIMと言われる中にも、実はMVNOではないブランドがあります。UQモバイルはその一つで、事実上auのサブブランドという位置づけになっています。

回線の一部を借り受けて運営するワケでは無い事から、通信速度の落ち込みが少なくなっています。上記と同じ日のUQモバイルの速度を見てみましょう。

UQモバイルの速度

これは格安SIMの範疇にあるデータとは思えないくらい、一日中実用的なスピード以上が出ています。MVNO(格安SIM)では大きく落ち込むことが多い昼休みの時間帯も、10Mbps以上の安定したスピードが出ています。

UQモバイルの月額料金

データ容量UQモバイルdocomoauSoftBank
3GB1,980円4,150円5,980円
5GB5,150円4,650円
6GB
7GB6,150円5,650円
10GB2,980円
20GB6,170円
30GB7,150円
50GB7,480円
価格は2020年8月のものです

2021年春から、新プランを発表しています。

くりこしプラン
S
くりこしプラン
M
くりこしプラン
L
月額料金1,480円/月
 (税込1,628円/月)
2,480円/月
 (税込2,728円/月)
3,480円/月
 (税込3,828円/月)
基本データ容量3GB/月15GB/月25GB/月

同じ3GBのプランでIIJmioと比較すると、月額500円ほど高額になりますが、キャリア並みのスピードを、どの時間帯でも確保するためのコストと考えた時の価値観になります。

IIJmioと同様に、余ったデータを翌月に繰り越すことも出来ます。また、通常の格安SIMでは契約データ量を消費してしまった後では、128Kbpsか200Kbps程度に制限されることが多いですが、UQモバイルでは3GBのプランSで最大300Kbps・10GBのプランRでは最大1Mbpsの速度になります。

UQモバイルで使える端末

iPhoneの場合

iPhoneのSIMフリーバージョンをお使いでしたら、特別なことは何も必要無く、今の状態のままでSIMを差し替えて使うことが可能です。

iPhoneのau販売バージョンをお使いでしたら、iPhone8以降の機種だと、上記のSIMフリーと同じ扱いで使うことが出来ます。iPhone7以前の機種に関してはSIMロック解除が必要になります。

iPhoneのdocomo販売・SoftBank完売バージョンをお使いでしたら、全ての機種でSIMロック解除手続きが必要です。

Androidの場合

SIMフリー端末は、au不可を最初から謳っている機種以外は使用可能です。

iPhoneと同様に、docomo・SoftBank販売の端末をお使いの方は、例外なくSIMロック解除手続きが必要になります。

Androidの場合は、iPhoneとは異なりSIMロック解除手続きをしても、全ての端末がUQモバイルで使えるワケではありません。UQモバイルが使う電波を拾うことが出来ない端末があるからです。これは、auで使わない前提で開発された機種ということです。

使える端末・使えない端末を公式ページでの御確認が必要です。

具体的なSIMロック解除手続き

SIMロック解除の手続きは、各ショップでも出来ますが、手数料3,000円がかかるのでオススメしません。オンラインで手続きすれば無料です。

必要な準備

SIMロック解除手続きには、IMEI番号が必要になります。端末一台一台が持っている番号で、以下の手順で確認します。

iPhoneの場合

  1. 設定
  2. 一般
  3. 情報
  4. IMEI

Androidの場合

  1. 設定
  2. 端末情報
  3. 機器の状態
  4. IMEI番号
  5. IMEI

このIMEI番号を控えておいてください。

auの場合

■auのSIMロック解除の条件-契約中の場合

  1. 契約者本人が手続き
  2. 2015年5月以降に発売されたSIMロック解除対象の端末
  3. 購入日を1日目として101日以上の経過(*一括購入は即日のSIMロック解除可)
  4. ネットワークの利用制限などを受けていない

■auのSIMロック解除の条件-解約済みの場合

  1. 契約者本人が手続き・購入履歴がある(委任状を持つ家族でも可)
  2. 利用料金の滞納が無い(もし滞納している場合は、支払い完了後に手続き)
  3. 解約済み時のSIMロック解除の対応手段は店舗のみ

■auのSIMロック解除の方法

  1. My auから自分で手続き 無料
  2. auショップで手続き 手数料3,000円

■My auでSIMロック解除の手順

  1. 上記にある手順でIMEI番号の確認
  2. My auのSIMロック解除可否判定ページにアクセスしてIMEI番号を入力、判定をタップ
  3. 判定結果が○であれば、こちらからお手続きをタップ
  4. 表示された電話番号や機種を確認して選択
  5. 契約時に設定した4桁の暗証番号を入力して次へ
  6. 注意事項・解除理由等を確認の上でチェックボックスを入れる。この内容で申し込むをタップで完了

既に解約した機種は、店頭で手続きをするしかありません。契約中のSIMロック解除であれば、オンラインで完結した方が手間も時間もお金も掛からずオススメです。

SoftBankの場合

■SoftBankのSIMロック解除の条件-契約中の場合

  1. 契約者本人が手続き
  2. 2015年5月以降に発売されたSIMロック解除対象の端末
  3. 分割購入の場合は、購入後101日以上の経過(*一括購入は即日のSIMロック解除可)
  4. ネットワークの利用制限などを受けていない

■SoftBankのSIMロック解除の条件-解約済みの場合

  1. 契約者本人が手続き(本人確認書類が必要)
  2. 解約済み時のSIMロック解除の対応手段は店舗のみ

■SoftBankのSIMロック解除の方法

  1. My SoftBankから自分で手続き 無料
  2. SoftBankショップで手続き 手数料3,000円

■My SoftBankでSIMロック解除の手順

  1. 上記にある手順でIMEI番号の確認
  2. My SoftBankにアクセスして携帯電話番号とパスワードを入力してログインする
  3. 契約確認・変更を選択
  4. SIMロック解除対象機種の手続きをタップ
  5. IMEI番号を入力して次へのタップ
  6. 注意事項を確認して解除手続きをするをタップ
  7. SIMロック解除方法を見るをタップして、指示に従って操作を完了する

既に解約した機種は、店頭でのみ手続き可能です。契約中のSIMロック解除なら、オンラインで完結した方が手間も時間もお金も掛かりません。iPhoneの場合、解除対象になるのはiPhone 6s以降に発売された機種のみです。

Docomoの場合

■DocomoのSIMロック解除の条件-契約中の場合

  1. 契約者本人が手続き
  2. 2015年5月以降に発売されたSIMロック解除対象の端末
  3. 分割購入の場合は、購入後100日以上の経過(*一括購入は即日のSIMロック解除可・分割で代金の精算が済んでいれば即日のSIMロック解除可)
  4. ネットワークの利用制限などを受けていない

■DocomoのSIMロック解除の条件-解約済みの場合

  1. 契約者本人が手続き
  2. 利用料金を滞納していない

■DocomoのSIMロック解除の方法

  1. Docomoオンラインから自分で手続き 無料(dアカウントが必要で、スマホからの手続きは不可です)
  2. Docomoショップで手続き 手数料3,000円(2015年5月以前に発売機種はドコモショップでのみSIMロック解除手続きが可能)
  3. 電話で手続き 手数料3,000円

■My DocomoでSIMロック解除の手順

  1. 上記にある手順でIMEI番号の確認
  2. My Docomoにアクセス
  3. ドコモオンライン手続き
  4. SIMロック解除
  5. お手続き
  6. IDとパスワードを入力してログイン
  7. IMEI番号を入力して次へ
  8. 注意事項を確認して手続きを完了する

既に解約した機種は、店頭でのみ手続き可能です。契約中のSIMロック解除なら、オンラインで完結した方が手間も時間もお金も掛かりません。iPhoneの場合、解除対象になるのはiPhone 6s以降に発売された機種のみです。

格安SIMの鬼門、お昼の時間帯も影響をほぼ受けないUQモバイル

格安SIMの一番オイシイところは、何と言っても月額料金が安く済む事です。

では、デメリットの一番は、お昼の時間帯に速度が落ちることです。この時間帯に速度を一番維持出来て普通に使える格安SIMはUQモバイルです。一般的な格安SIMと比較すると月額500円程度は高くなりますが、回線品質の高さは充分価値があります。

どれだけ安くても、使いたい時に使えなくては意味がありません。力強い速度を一日中たたき出すUQモバイルはオススメです。