古いスマホで親孝行する方法 月々190円で出来ます

Pocket

2022年にガラケー用の電波が停止するから、スマホに変えた方がイイというハナシが出ています。結論から言うとデマです。古い3Gにしか対応していないガラケーは確かに使えなくなりますが、比較的新しいガラケーは4G対応なので当分の間は大丈夫です。各社とも現在は5Gに精力注ぐ体制ですから3Gは早く止めたいというのが本音なので、遠くない将来に3Gの廃止は間違いありません。電話会社としても出来ればスマートフォンに買い換えを促進したい思惑で敢えて強く否定しないのかと勘ぐりたくなります。

ガラケー使用者の本音

ただ、ガラケーをお使いになっている方達で新しい4G対応のガラケー使用者は、それほど多くない気もします。電池持ちが悪くなってきたりして、新しく選ぶにも選択肢は無いにも等しいし、価格的にもスマホという選択肢が頭をよぎりますが・・・使える自信が無い。結果的に古いガラケーを大事に使うというご両親多くないですか?私が解決した方法を書いてみたいと思います。

まず、使ってみる経験

ガラケーを使い続ける年をとった親がいて、子供や孫は大半がスマホを持つ中で、古いスマホを使わせてみようと思った方も多いのではないでしょうか?孫の写真や動画をお爺ちゃん・お婆ちゃんへ送るのにもLINEなら簡単なのに!と思ったことが一度や二度はあるでしょう。そこで問題になってくるのが、wifi。SIM無しの古い携帯はwifiがあるお家なら、それなりに動かすことが出来ますが、無かったら役に立ちません。

実際にお年を召した方がスマホを使うといっても、とりあえずLINEが使えれば通話も無料で出来るし、写真も動画も簡単に送ったり見たり出来る様になります。ガラケーからスマホに一気に変更するのではなく、スマホも持たせることを考えたわけです。幸い手持ちに使わなくなったSIMフリーのスマホがありました。

お爺ちゃん・お婆ちゃんはwifiいらない人も多い

wifiの無い両親宅で低コストにネット開通させる手段

両親宅にwifiを入れても、おおよそコストに見合わないことは解っています。そこで新しくSIMの購入を検討しました。両親がスマホで動画を見る状況は考えづらく、実際に月に使うデーター量はたかがしれている。でももしかしたら、何かの拍子に増える月があるかもしれない。普段は少ないデーター量に合わせて低料金で、使ったときだけ手続き無く増額できるのがあればベター。そんな都合の良い契約があるのか?と考えたらキャリアは選択肢からまず無くなります。

調べてみたら・・・ありました!b-mobileのおかわりSIMです!1GBまで自由に使えて、月に500円という価格。私のニーズに合わせて作ったのか?というくらいバッチリです。データー通信専用なのでショートメールも出来なければ、電話通話番号もありません。しかし、LINEの登録作業には現在使っているガラケーの電話番号を使ってやれば全く問題ありません。

お爺ちゃん・お婆ちゃんとのLINEが開通したことで、簡単にメールや写真を送ったり見たりする様に出来る様になりました。顔を見ながら会話できるのも凄く嬉しかった様です。なんでコレが無料なんだ!?(私は月に500円のコスト負担してますが)でも月に500円でこちらも快適だし、喜ぶ顔見てると親孝行のコストとしては安いなぁ~と思っています。

b-mobileを運営する日本通信株式会社はMVNOの老舗です。痒いところに手の届くサービスは流石老舗です。my-b-mobileというサイトで両親が現在どれくらいのデーターを使っているかも随時確認できます。実際の使用量を見てみると、1Gなんて容量を使ったことは過去一度もありません。数十mbが殆どで、100mbにも届かない月が殆どだったんです。余った容量を持ち越せるわけでは無いし(持ち越しても使えませんが)勿体ないなぁとは思っていましたが、これ以上を望むのは酷だとも考えていました。

両親の使っているデータ量が確認できます。異常があったら直ぐに解りますし、上限設定も出来ます。

現在は募集停止している

ご紹介した、おかわりSIMをオススメしません。というか、オススメできないんです。現在新規募集を停止していますから。流石に商売にならなくなって止めたのか?・・・って事では無く、斜め上の政策を打ってきたのが老舗のb-mobileだったんです。

月に190円からのSIM

おかわりSIMの月500円1GBの新規募集を廃止して、新しいプラン190PadSIMを発表しました。その内容は月額費用を190円に引き下げる事とデータ容量が100mbになりました。私の様におかわりSIMを使っている者もプラン変更で簡単に切り替えられます。私のぼやきが聞こえたのか?というくら完璧なプランです。当然、速攻で乗り換えました。これで私の負担額は月に190円になりました。

使えるスマートフォンは?

b-mobileで対応している回線はドコモとソフトバンクです。SIMフリーのスマホなら問題ないですし、ドコモとソフトバンクのスマホもSIMロック解除無しでそのまま使えます。auのスマホはSIMロックを解除しても対応周波数の違いからオススメしません。例外はiphoneで、SIMロックを解除すれば使えます。

100mbで出来ること 超えた時の料金

月に190円で100mbと言われても、いったい何が出来るのか?って気になりますよね。

  • LINEメッセージ(5kB)だけと20,000回
  • LINEメッセージ300回+写真60枚

目安ですが、これくらいは100mbで出来ます。では容量が超えてしまった場合の料金はどうなっていくか?

月に15GB使っても3280円

100mbを超えると、次の括りは1GBになりますが、それでも480円です。お爺ちゃん・お婆ちゃんとが1GBを超えることは無いと思います。

契約に必要な物

契約に必要な準備は多くありません

  • メールアドレス
  • クレジットカード
  • wifi環境

以上です。今回は親孝行が前提ですから、メールアドレスは自分の使っているモノで、クレジットカードも自分のモノ(しつこいですが親孝行ですから)wifi環境も自分の環境であれば大半の方がOKでしょう。全部、セッティングまで済ませて渡しましょう。

接続設定 プロファイル

iphoneであれば、プロファイルのダウンロードが必要になります。ドコモ用とソフトバンク用があります。指示通りにダウンロードが済めば完了。何も難しくありません。Androidの場合は設定が必要です。設定をタップ-無線とネットワークから、モバイルネットワークをタップ(一部の機種ではもっとみるの中に項目がある場合があります)-アクセスポイント名をタップ-APNの画面が出てきて、項目が並んでいますから、その中からb-mobileの表示があれば選択、無ければ右上の:か+をタップして、出てきた項目から新しいAPNをタップ。出てきた各項目に以下を入力。

  • 名前(任意):b-mobileAPN:bmobile.ne.jp
  • ユーザー名:bmobile@4g
  • パスワード:bmobile
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP
  • PDP Type:IP
  • ※ドットとカンマをお間違えないように注意してください。
  • ※認証タイプ・PDP Typeは設定可能な場合に設定してください。

各項目に設定が済んだら、画面右上の:を押して保存を選択するか、保存ボタンがあればタップ-出てきた項目の中に先ほど作成したb-mobileを探してチェックボタンをタップ-端末を再起動 以上で設定終了です。実際にやってみると簡単ですよ。不安な方は図解を見ていただいても。

契約手続き

契約手続きはネットで出来ます。初期投資が3000円かかります。私が購入した時はそれだけで完了していましたが、2019年5月より別途開通手続きが必要になりました。とはいっても、SIMが送られてきたら、今お使いのご自身の電話で指定された番号に電話をすればOKです。この手続きを20日間ほったらかしだと、全てが無駄になりますのでご注意ください。ショッピングモールでパッケージ購入も出来ます。この場合は購入したパッケージにSIMが入っているわけではなく、あらためてwebページで申し込み手続きの手順を踏み、完了するとSIMが送られてきます。そういう意味ではパッケージ購入ではないサイトからの購入の方が手間は無いですね。万が一、全然使えない!スマホは諦めた!ってことになっても違約金も解約金も発生しませんから、その場合でも初期投資の3,000円さえ諦めればイイんです。自分でサブに使ってもイイし。

他にも色々な使い方

190円で出来るご両親のネット回線構築だけでなく、SIMフリーのタブレットとかipadなんかがお家で眠っていませんか?普段はそんなに使っていないけど、持ち出したい時にテザリングは面倒だと思っている方にもオススメです。容量制限がかけられるので、古い機種をお子さんに持たせることもアリかもしれません。海外在住で、年に数回しか帰国しない私の友人にこの190円を紹介したら、凄く喜んでいました。帰国した時に不便だから日本の携帯会社の携帯を最低料金で維持していたんけど直ぐに解約!SIMを普段から2枚刺しておいて、空港に到着したら切り替えるだけで即使えるのに月額経費が190円で済む事に感動してました。データー通信だけの契約でもIP電話を別途契約すれば電話通話も全く困らないんです。当然、メールもLINEも普通に出来るし。

一度聞いただけでは、ちょっとね

長い目でお付き合いしてあげるのが大切

親孝行の話に戻ります。そんなに上手くいくのか?という疑問出てきますよね?その通り!実際に運用しだすとトラブルの連続です。普段デジタル系に馴染みが無いからこそ、問題が起こると打つ手が無い。近くに住んでいれば良いのですが、遠くに住んでいると簡単に教えにも行けない。

LINEの使い方を教えたくなりますが、まず最初に教え込むのは充電の必要性です。日常的に何かを充電するということに慣れていないお爺ちゃん・お婆ちゃんに古いスマホを渡すわけですから、電池は新品に比べて疲労しているパターンが多い。そこで、使わない時は無条件に充電するということで、置き場所設定するわけです。

次に起こる問題は、繋がらない問題です。これは一概に言えないのですが、wifiと違ってほぼ事態は簡単です。モバイルデーターモードがOFFになっているか、機内モードが有効になっていることです。設定だとか深い階層までお爺ちゃん・お婆ちゃんが入り込む事は無いと思っていたのですが、思わぬ落とし穴がありました。

トラブルにおいて有効なのは再起動なんですよね。問題が起こったらまず、再起動を促します。その意味で保険をかけて夜寝る時には充電しながら電源は切る。朝起きたら電源を入れるということを教えたわけです。電源ボタンを長押ししたら出てくる、電源を切るを押せばイイと。ところが私の渡した機種は電源を長押しすると出てくる選択肢に機内モードがあったんです。

お爺ちゃん・お婆ちゃんの手先が隣のボタンをつい押してしまったことは責められません。この対策として有効なのは、画面の最上部からゆっくりと下へ撫でる事を教え込むことが有効です。次に上から別画面が降りてきたらもう一段下へ撫でられることを教え込みます。大事なところですから、出来るまで何度もやっていただきましょう。

スマホが繋がらないという電話が掛かってきたら、教えた二段階に撫ぜることをやってもらって、機内モードという部分が光っていないか?確認するわけです。光っていたらタッチして消えたことを確認する。データー通信が光っていることを確認する。ということで問題は解決します。一度教えても決して解ったと思ってはいけません。間を置かずに繋がらないという電話は掛かってきます。何度でも付き合ってあげましょう。親孝行ですから。

興味が出てきたらこっちのモノ

変わったこと

最初はおっかなびっくりでスマホを使い始めた両親でした。最初は送られてきた写真を見たり、トークをひらがなだけでしたりでした。そのうちに、自分からも写真を送りたいと思う様になります。

とっかかりが出来ているわけですから、ちょっと頑張れば出来そうという思いが芽生えてきます。久しぶりに会った時には質問攻めです。会話も増えました。一度では覚えてくれませんから。でも何度でも付き合うわけです。そのうちに、外に持ち出しても大丈夫なのか?聞いてきます。

もちろんwifiじゃないから持ち出しはOKです。行く先々から写真を送ってくる様になりました。そこで地図の使い方を教えるわけです。自分の居場所がわかり、道案内もしてくれる小さな板に改めて感動してました。

同世代の仲間で集まった時にもさりげなく持って行って羨望の眼差しで見られる様になると、ガラケーとの二台持ちが億劫になってきます。今は両親ともにガラケーと190円データSIMを卒業しました、通話も出来る格安SIMにガラケーの電話番号を持ってMNPして、絵文字もバリバリ使ってます。めでたしめでたし。

通常の電話通話・電話番号が持てるプランは月額税抜き990円からあります。

au回線の古いスマホ活用をお考えの方は今回蚊帳の外だったんで・・・以下のSIMは如何でしょうか?

au回線が選べて音声通話も選べます
au回線が選べて音声通話も選べます
au回線が選べて最大一万円キャッシュバックも

筆者がお得情報満載の人気サイトきりもるで執筆したUQモバイルをお得に契約するならオンラインショップ!1万円キャッシュバックも紹介も是非ご参考になさってください。

投稿者: enblo

デジタル・流通・服飾 変わり種ライター集団です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA